社用車の買い替え|一番お得な社用車の買い替え方法について

社用車を買い替える時のポイント

社用車の買い替え

 

社用車の買い替え時期

 

社用車の買い替え時期はいつが適切なのでしょうか?

 

ここでは、リースの場合は契約年数があって、契約更新時に車両を入れ替えるケースがほとんどだと思いますので、社用車を買取りで購入している場合について、考えてみました。

 

車の状態は、走行距離やメンテナンスの頻度などによって、当然異なることでしょう。1か月で2000キロ以上走る社用車もあると思います。

 

車の寿命は、「10年10万キロ」なんてことも一昔前までは言われていました。でも、最近の車は10万キロ以上はメンテナンスさえ普通にしていれば余裕で走ってくれます。20万キロも走行可能です。

 

そう考えれば、故障が頻繁に起こって修理代がかかるようになるまで、乗り続ける事は可能です。

 

ただ、社用車として使っているので、「急な故障で大切な商談に遅れてしまった」なんて事は避けたいですよね。

 

ですので、社用車の買い替えについて、ある程度会社で決めごとを作っておいた方がいいかもしれません。

 

例えば、10万キロ走ったら買い替える。6年乗ったら買い替える。など

 

このあたりは、会社の経営層の判断になってきます。決算で予想以上の利益が出そうなので、社用車を買い替える、という事もあるでしょう。

 

社用車の買い替え時期は、日ごろのメンテナンスによっても大きく変わってきます。オイル交換は5000キロ毎に行う、などメンテナンスについても会社で決めごとを作っておくべきでしょう。

 

社用車は下取ではなく、買取りに出す方が得をする

 

社用車を買い替える時に、それまで乗っていた車はどうされますか?

 

よくあるのは、取引してきたディーラーにそのまま下取りにだす、というパターンです。これは、実はかなりもったいないです。

 

なぜなら、車の販売店の目標は、自社の車を売ることです。ディーラーであれば、新車を1台でも多く販売し、メーカーからの目標台数を達成して高額な報奨金を得る事です。

 

中古車販売店であれば、今持っている在庫車両を1日でも早く販売することです。

 

下取りの車に大きな関心はありません。

 

逆に、車買取り専門業者というものがあって、彼らは1台でも多くの車を購入することが使命です。下取りではあまり査定のつかない過走行車や年式の古い車でも、海外で日本車のブランド力で、まだまだ売れるのです。

 

また、荷物の多く乗るバンや1BOX車も海外では人気があります。そのような、色々なルートをもっている業者は、競って車を買取ろうとします。

 

ですので、複数の車買取業者から見積もりを取れば、最高額で社用車を売ることができます。

 

まずは、今の社用車の買取相場の金額を調べてみてはいかがでしょうか。

 

1回の簡単な入力で、今の車の査定相場がすぐに分かります。最高額で買取ってくれる業者も簡単に探せますよ。

 

かんたん車査定ガイド

 

 

 

関連記事:社用車は「下取り」に出すよりも「買取り」の方が断然お得な理由

 

 

【よく読まれている記事】
社用車ETCカード|新会社・個人事業主にオススメのETCカード

 

法人・個人事業主ガソリンカード|新会社でも簡単に作れます

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


ホーム RSS購読 サイトマップ