社用車は「下取り」に出すよりも「買取り」の方が断然お得な理由

社用車は「下取り」に出すよりも「買取り」の方が断然お得な理由

社用車を買い換えようと思った時、普通に今までの業者に下取りに出していませんか?これはかなり勿体ないです。なぜなら、買取りの方が下取りよりも平均で16万円も高く売れるからです。

 

社用車を買い換えようと思った時、新しく買う車の販売店に古い車を下取りに出す会社はかなり多いです。

 

でも、これはかなり金額的に損をしてしまっています。どういう事か、ご説明しますね。

 

 

販売店の「下取り」について

 

自動車販売店は、その名の通り「車を販売する」事が主な目的です。

 

メーカー系のディラーであれば、新車を1台でも多く販売することです。ディーラーは自動車メーカーに対して年間の販売台数の目標をコミットします。

 

その目標台数が達成されれば、ディーラーには高額な報奨金が入ります。1台の車の販売利益の積み重ねも当然重要ですが、ディーラーの利益の中で、この報奨金もかなりのウェイトを占めています。

 

ですので、ディーラーは他と競って車を販売します。値引き合戦や、サービス品など、ユーザーに自分の店で買ってもらえるメリットをアピールします。

 

購入する側も、値引きの金額やサービス品に目が行きがちです。

 

でも下取り金額については、あまり注目されません。車の買取りには定価がありませんので、販売店に下取り金額を提示されると、「そんなものかな」と思ってしまうのです。

 

販売店も下取りがメインではありませんので、他の店と競って下取り査定額を出すことはないのです。

 

 

車買取専門業者について

 

一方、車の買取りを専門に行っている会社があります。1台でも多くの車を買い取る事を目的としている会社です。

 

この車買取専門業者はそれぞれの強みを持っています。

 

例えば、海外に販売ルートをもっている会社は、日本では売れそうもない年式の古い車や、走行距離がかなり多い車なども積極的に買い取って、海外で展開します。

 

海外では日本車のブランドで人気は高く、10万キロ以上の走行距離の車も現役でバリバリ走っています。

 

ライトバンや1BOXなども、日本では下取りでは査定がつきにくい場合も多いですが、海外では荷物が多く詰める車も人気があるので積極的に買取ります。

 

 

複数の業者の中から一番高く買い取ってくれる業者を探す

 

以上の事から、社用車を買い替える場合は、車買取業者に買取価格を競ってもらうのが一番高く売れる方法です。

 

下取りよりも平均で16万円も買取の方が高く売れた、という実データもありますし、買取専門業者の間でも車種によっては数十万円万という金額の差が出ることもあります。

 

ですので、複数の車買取専門業者に見積もりを依頼して、その中から一番高い金額を提示してくれた業者に社用車を売却するのがベストな方法です。

 

でも、買取の査定に1件1件業者を回るのも大変です。時間も労力も掛かります。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

 

こちらサービスを使えば、1回の簡単な入力で今の車の査定相場がすぐに分かります。また、一番高く買い取ってくれる業者も分かりますので、一度使って見られてはいかがでしょうか。

 

かんたん車査定ガイド

 

ここで調べた金額で、車を購入する販売店に下取りの金額の交渉に使うのも有効だと思いますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ