社用車ETCカード|新会社・個人事業主にオススメのETCカード

新会社や個人事業主の方にオススメのETCカード

ETCカード

 

社用車も当然高速道路は利用しますよね。遠方に行くときや、移動時間短縮には必要な手段です。

 

高速代の精算、どうしていますか?

 

その都度毎回、現金で支払う事うのは、運転手も当然ですが、経理の方も大変です。

 

月末にまとめて精算する会社もあるでしょうが、そなると従業員の方の負担(先払い)も心配です。

 

 

法人ETCカードを利用しよう

 

法人用ETCカードを使うと、仮払いや精算処理の手間が大幅に省けます。

 

現金で精算する事もなく、経理の方にとっても便利なカードです。

 

その上ETCカードを使うと、大都市であれば平日朝夕割引・休日割引などの割引が適用されます。

 

 

法人・個人事業主用のETCカードは、

・クレジット機能が付いている
・クレジット機能が付いていない

の2種類に分かれます。

 

クレジット機能付きは、ETC以外でもクレジットカードとして利用できます。

 

クレジット機能なしのタイプは、ETCカードとしてのみ、使用することができます。

 

 

☆おすすめはクレジットカード機能なしのETC法人カード

 

先にも書きましたが、クレジット機能が付いているETCカードは、当然他の買い物などでもクレジットカードとして利用できます。

 

そういう意味では、退職が決まっている従業員や入社間もない従業員に持たせるのは心配な部分もあります。

 

ですので、クレジット機能がついていないETCカードが注目されています。

 

ただ、新会社でや個人事業主で法人ETCカードを作ろうとした場合、個人のクレジットカードのように簡単には発行してくれません。

 

なぜなら、信販会社が審査を行う際、会社設立から3年以上経過していて、決算状況が良くないとETCカードを発行してくれないからです。

 

そのため、現金で高速道路を利用して、会社で精算しているケースが多いですが、その場合、時間帯・休日30%割引のETC割引も受けられませんし、領収書の紛失もあります。

 

これらの問題を解決してくれるのが、高速情報協同組合の法人ETCカードです。

 

法人向けのETC専用カード

 

 

このETCカードをお勧めする理由は、

・.複数の従業員に、都度高速料金を現金で渡さなくて済む。

 

・利用明細(請求書)で管理が簡単に出来て経理の手間を省ける。

 

・入口、出口のインター名記載が記載されるので、不正利用を防止できる。

 

・カードごとに金額が明確に出る。

 

.・クレジット機能が付いてないので、安心して渡すことができる。

 

・複数のカード枚数の申し込みが可能

 

・時間帯・休日30%割引に適応しているのでコスト削減が可能。

 

・新会社、個人事業主の方でも申込み可能。

などです。

 

クレジット機能が付いていないので、新会社や会社設立3年未満、個人事業主の方にもスピーディに発行が可能な、このETCカードをオススメします。

 

新会社でも作れる 法人ETCカード

 

 

【よく読まれている記事】

 

法人・個人事業主ガソリンカード|新会社でも簡単に作れます

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


ホーム RSS購読 サイトマップ